next


次回開催!
DM




物語を自由に想像する。











T.Norihitoについて


T.Norihito

1970年  札幌市生まれ
2003年頃から本格的に絵を描きだす。宮の森芸術倶楽部に通う。

比較的、色彩の強い傾向の画家で静物画、人物画をメインに描いている。
そのほか近年は自分のイメージを元に表現生の豊かな製作をしている。

画材は油彩をメインで描いているが水彩画(スケッチなど)
ドローイング(画材は不透明水彩、クレヨン、ペンなど)
クロッキー(コンテなど)、デッサン(木炭、鉛筆)などいろいろな画材も用いる。

近年、T.Norihitoの作品はコラージュの技法やストーリズム、
その他イメージを重視した作品に移行する傾向がある。
実験的に自作の作品を造りながらオリジナリティを求めた製作をしている。






T.Norihito 入賞経歴


2013年  10月  道展入選
2013年   7月  中札内村「北の大地」誌上入選
2014年   9月  道展入選






T.Norihito 個展経歴


2004年から2011年  毎年あさかげ生活支援センターにて展示
2010年から2013年  毎年札幌市生涯生活センターちえりあにて展示
2011年から2016年  年2〜3回のペースで、札幌市内各地下鉄メトロギャラリーにて個展



You Tubeにてインタビュー動画を
公開しております。
こちらも合わせてお楽しみください。

BLOG:T.Norihitoのちょっとちょっと

▼紹介ムービー